おすすめの本

迷っている人
自己啓発本の数が多すぎてどれを読めばいいのか迷います

そんな悩みを解決する記事を書きました。

 

本記事の内容

・本を読むことの素晴らしさ
・役立つおすすめの本5選
・本を読んでからのおすすめの行動
・まとめ

 

あなたは他人軸で生きてますか?それとも自分軸で生きていますか?

 

ストレスフルな現代社会を生き抜くには自分軸の思考が必要となってきます。

 

本記事では他人軸から自分軸へシフトチェンジするのに役立つおすすめの本を5冊紹介します。

 

今回紹介する5冊以外にもたくさん素晴らしい本はありますが、読みやすくて内容がすっと入ってくる5冊を紹介します。

 

 

本を読むことの素晴らしさ

おすすめの本

 

あなたは年間何冊くらいの本を読んでますか?

 

家計が傾いても本は読め!と言う人もいるくらい本から得る情報には価値があります。

 

小説、自己啓発本、専門書、時には漫画なんかもいいでしょう。

 

限られた時間の中で効率よく学べるのが読書です。

 

小さいころから本にふれることの大切さを大人になって痛感しています。

 

本から得た知識によって人生が大きく変わるなんてことも良くある話です。

 

他人軸から自分軸への思考の変化も本記事で紹介する5冊を読めば可能です。

 

ぜひこの5冊をきっかけに自分軸の思考へとシフトチェンジしましょう!

 

他人軸から自分軸へシフトチェンジするのに役立つおすすめの本5選

おすすめの本

 

あなたの人生は自分を軸として歩めているでしょうか?

 

まわりの人の目を意識しすぎてしまうと行動にも制限がかかってしまいます。

 

特に日本という国は、出る杭を打つような習慣があり、生きづらさを感じることも多いでしょう。

 

しかしながら他人に何を言われようが自分の人生をいきるのはあなたしかいないのです。

 

そんなあなたの人生に役立つ本を5冊紹介します。

 

この5冊の本は、実際に僕が読んで自分軸の思考へと変わるきっかけとなった本です。

 

そして何よりも読みやすいというのが一番です。

 

最初からこむずかしい本を読むより読みやすい共感できる本から入るのがおすすめです。

 

気になる本があればぜひ手に取って読んでみてくださいね。

 

それでは他人軸から自分軸の思考へシフトチェンジするのに役立つ本5冊を紹介します。

 

1.夢をかなえるゾウ1

関西弁のガネーシャという時点でもうおもしろい。
夢をかなえるゾウ1」では平凡な会社員の男性が読者にリンクするように書かれているので非常に読みやすかった。
29項目のすべきことによって構成されているストーリーなので次が気になりあっという間に読めてしまう。
29項目のすべきことはすぐに実践できることなので何からすべきかわからない人にとっては超有益。
あなたに必要なのは関西弁のガネーシャかもしれませんよ。

2.人生を思い通りに操る片づけの心理法則

有名なDaiGoさんの著書ということもあり人気の1冊。

 

ただ断捨離するのではなく「片づけることによって人生を最大化させ幸福をてにいれましょう」

 

部屋を片づけることによって大切なことに使える時間やお金、体力や注意力を最大化する。

 

その先には幸福な「人生の大逆転」が起こる。

 

片づけることによって人生が好転していくんですよと教えてくれます。

読んだ感想

この本はただ部屋をきれいにしましょうと言っているのではなく、片づけることによって ”人生を最大化し幸福を手に入れましょう” という本です。

 

その方法を事例で示してくれているのであなたの私生活でもすぐに実践できます。

 

断捨離するだけでなく、2度と元に戻らないようにすることこそ大切だと教えてくれます。

 

心理学的な視点から片付ける意味を教えてくれるので説得力が半端ないです。

 

部屋を片づけることで頭の中もスッキリします。

 

この本を読んでやるべきことに集中できる環境を整えましょう。

 

3.人生から「逃げるコマンド」を封印している人へ

「心が病んでる時、それは風邪と同じです。休みましょう」
逃げるのは悪ではない!とはっきり言い切っている著者。
「自分ファースト」で生きればいいと教えてくれます。
著者自身の体験をおもしろおかしく取り入れながら逃げるコマンドを封印している人に「逃げる」という選択肢を示してくれます。
ただ逃げるを推奨しているだけではなく、考え方によってはおもしろくなるということも教えてくれています。
逃げちゃだめだという他人の目を気にしている人にぜひ一度読んでいただきたい1冊。
「3年は我慢?いや、3秒でにげていい!!」

読んだ感想

「逃げるコマンド」を封印していた僕にとって衝撃的な1冊でした。

 

自分軸の思考へ導いてくれた1冊といっても過言ではない。

 

自分の身は自分に捧げよ!という自分ファーストの生き方を教えてくれます。

 

やりたいことばっかりやってたら家の中が三角コーンまみれになったという著者のやしろあづきさん。

 

人生楽しんでるのが伝わってきますよ。

 

三角コーンが気になる方はぜひ読んでみましょう

 

4.ストレスゼロの生き方

Twitterフォロワー数127万人という圧倒的人気を誇るTestosteroneさんの著書。

 

「やめる」「捨てる」「逃げる」「受け入れる」「貫く」「決める」「筋トレする」という構成でストレスゼロの生き方を教えてくれます。

 

ズバッと言い切っているので言葉がスッと入ってきてすごく読みやすい。

 

著者はストレスが全くない人。

 

「考え方なんてのは自分の人生をより良く、生きやすくするためにあるもんだから、自分に合ったものをチョイスしていけばいい」

 

そういうスタンスで読んでもらいたいと著者は言っています。

読んだ感想

ストレスゼロの生き方」めちゃくちゃ読みやすく共感できる部分が非常に多かった。

 

とにかく「筋トレしろ」というフレーズがたびたび出てくるのが本質だと思う。

 

筋トレすれば全て解決すると本気で著者は言っています。

 

物事を深く考えずに自分が生きやすい選択をすれば良いと言ってくれています。

 

強靭な肉体を手に入れればこういった思考に近づけるのかもしれませんね。

 

5.多動力

超有名人の堀江貴文さんの著書。
現代社会において「1つのことをコツコツやる時代は終わった」
やってみたいことにどんどんチャレンジして肩書を増やす生き方。
産業の壁が崩壊しているにもかかわらず1つのことをずっと続けるのが美学という国民性の危うさを説いています。
副業が解禁となった時代に生き抜く方法を教えてくれます。

読んだ感想

堀江貴文さんの著書「多動力」を読んで人生観が変わりました。

 

僕の壁を壊してくれた1冊です。

 

3つの肩書をもてばあなたの価値は1万倍になる」なんてまさに今の時代にぴったりな考え方ですよね。

 

それを2017年に発売されたこの本に書いていることがすごい。

 

時代の最先端を走る堀江貴文さんから現代社会を生き抜く方法を学びましょう。

 

本を読んでからのおすすめの行動

おすすめの本

 

本を読んだあとってのは「よし!やるぞ」って気持ちになりますよね。

 

でもその気持ちは長続きしないものです。

 

それはインプットしただけで実際にアウトプットできていないからです。

 

本を読んだ後は必ずアウトプットするようにしましょう!

 

そうするだけで脳内に記憶を定着させあなたの知識となるでしょう。

 

僕は本から得た情報を元にツイートをすることがよくあります。

 

これって実は皆よくやっています。記憶の定着です。

 

インプットしたものをアウトプットすることで記憶に定着させる。

 

これをすることによって自分の中にどんどん知識としてインプットされていくのです。

 

読んだだけではほとんどが抜け落ちてしまいます。

 

インプット3 : アウトプット7

 

くらいがちょうどいいと言われているくらいですからね。

 

ツイッターはアウトプットする場としてすごく最適ですよ。

 

まとめ

おすすめの本

本を読むことの素晴らしさ

本を読んで行動することで大きく人生が変わる可能性がある。

 

他人軸から自分軸の思考へシフトチェンジするのに役立つおすすめの本5選

 

本を読んでからのおすすめの行動

インプットしたら必ずアウトプットし記憶に定着させる。

 

インプット3 : アウトプット7 の割合を意識してみる。

 

ツイッターでのツイートがおすすめ。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事